• 2017_09
  • <<
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • >>
  • 2017_11

龍と書いてロンと読む!!

ゴールデン・ラブラドールの男の子、ロンの何気ない日常と母のつぶやき

フードしかあげちゃダメって!!!???

  1. 2013/06/08(土) 23:49:00|
  2. ペット食育
  3. | コメント:0


先日、お散歩中にこんな声が届きました。



「かかりつけの獣医さんの所に行ったら、ドッグフードしかあげてはいけない」



と言われたそうです。




そう言えば、我が家のロン(ラブラドール4歳♂)も、パピーの頃



初めてかかった獣医さんは「与えるものはドッグフードで良いですよ」



と言った事を思い出しました。





当時ロンにはフードを与えていましたが、家族全員フードの臭いが大嫌いで



鼻をつまみながら給餌していました。




半年くらいフードを続けながら、おやつにバナナをあげてみたり、


きゅうりや大根をあげてみたりしていました。




そのことを動物病院に行った際、思い切って告げてみると、思いもよらない返答が・・・



「大抵のものは与えても大丈夫です、ただ、ネギやチョコレート、熱を加えた鶏の骨等は止めてくださいね」



「あれ?フードしかいけないのではないんですね?」



「フードでもいいですし、ほかの物を与えても良いですよ。」


と言われて、安心して帰った事を覚えています。




実は私は大きな勘違いをしていたんですね。



そしてそれは、自分の中での伝言ゲームになっていたにすぎなかったのです






フードでもい良い

    

      ↓



フードが良い



      ↓



フードじゃなきゃダメ!!!





獣医さんに食事に関してアドバイスを受ける場合、注意が必要です。



それは、獣医さんは医療のプロであって



食餌のプロではないからです。



 



手作り食を推奨する(半強制的ですが)下町の獣医さんでさえ、


 


ペットのご飯に関しては、あいまいなアドバイスでしたし、絶対ドッグフードはダメと仰るばかりでした。


 



 


ですから、医療の事は獣医師に 



手作り食の事は、その道のカウンセラーや食育に精通している方にお聞きになる事をおすすめいたします。 




関連記事
スポンサーサイト


 管理者にだけ表示を許可する
 


.