• 2017_07
  • <<
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • >>
  • 2017_09

龍と書いてロンと読む!!

ゴールデン・ラブラドールの男の子、ロンの何気ない日常と母のつぶやき

スポンサーサイト

  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

わんこだって クビレ!

  1. 2013/09/11(水) 20:00:12|
  2. ホリスティックケア
  3. | コメント:0
夏の暑さにかまけて


 


お散歩ショートカットしていませんでしたか


 


我が家も気がつけば、母息子 でなんだかぽっちゃり


 


 


なので言い訳してみました


 


 


人もわんこも同じで


 


ガリガリよりもポッチャリしている方が可愛いし~、


 


なんたって、貧乏臭くないじゃない (おいおい)







 にほんブログ村 犬ブログ 犬用品・グッズへ


 


だからって、太りっぱなしは困りものです。 


935845_469366809826147_25295842_n


友情出演 ビーグル ラン様


 




大まかに 、適正体重というものがありますよね


(犬種図鑑などに記載されている犬種毎の標準体重などは、あくまで目安としてみましょう)


 


 


 


適正体重の15%~20%以上重い場合、肥満と言われていますが、


 


人間同様に、心臓疾患、肝臓疾患、糖尿病など、多くの病気へのリスクが高まりますし、


 


寿命を縮めるとも言われています。


 


肥満の原因は様々ですが、主に、


 


高カロリーの食餌、摂食過多、運動不足によるものの他、


 


ホルモンの異常や、遺伝性疾患などの場合もあります。


 


 


 


 


最も気を付けたいことは、体重の増加による悪影響なのではないでしょうか?


 


重すぎる体を支えている


 


関節などへの負荷も注意が必要ですが、


 


 


手術の際の、麻酔へのリスクは気に留めておきたいことの一つではないでしょうか


  

ご存知のように、体重によって、麻酔やほかの薬の量が増えます。


 


薬の量が増えることによって、ほかの臓器への負荷の他、


 


麻酔から覚めにくいことがあげられます。


 


覚めにくいという事は、麻酔の事故も起きやすいという事が言えるのではないでしょうか。


 






麻酔の事故のほかには


 


脂肪には、有害物質を溜め込む性質があるそうなので、


 


やはり、贅肉は落としておきたいものですね。


 1002553_487806354648859_1085400486_n


 こち向いて~~


 


 


 


ところで、我が家の愛犬、ロンさんのベスト体重は


 


 


 


体調、体型、運動能力、運動直後の状態や


 


疲労の度合い、体力、持久力、心肺機能、など、いろいろ観察してベストな時の体重→32kg前後


 


 


ロンのベスト体重=32kg と、思っています。


 


 


 


 


こんなのがありました


犬の簡単体脂肪測定


  http://www.el-perro.jp/fat.html


 









1187086_487806081315553_1417914732_n

なんんだか、顔がでかくなったみたい











ご注意

急激なダイエットは、体にも良くないと思いますので、ゆっくり気長にい行きましょうね










いつもありがとうございます


にほんブログ村 犬ブログ 犬用品・グッズへ
にほんブログ村


関連記事
スポンサーサイト


 管理者にだけ表示を許可する
 


.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。